「Web・出版」カテゴリーアーカイブ

前田先生(炭酸水)

今日から東京ビックサイトで開催されている『健康博覧会2013』に行ってきました。
本来の目的は、レシピ提案(商品プロデュース)した会社がブースで商品を展示(試食もあります)をするのでご挨拶に伺いました。

そして、もうひとつの目的が炭酸水の分野では有名で、私もこれまでに何度かTVの仕事でご一緒させて頂きました前田眞治先生の今日のご講演を聞いてご挨拶をと思いまして行きました。

番組内でご一緒したといっても間接的であって直接はお会いしていなかったので私のことをご存知かちょっと不安でした。

講演は200名以上の席が満席になるくらい人気で、多分美容・スポーツ関係の方々がほとんどだと思います。講演内容も素晴らしもので、終了後は名刺交換などの方も多く順番待ちの状態でした。

やっと順番が回ってきてご挨拶をししつつ名刺を差し出したら「あ~!今別府さんですね~ いや~やっとお会いできましたね!」と握手をしてきて下さいました。思わず私も「はい!やっとお会いできて嬉しです!」と覚えていていただいたことに感激いたしました (^^)

また、先日もちょうど雑誌で炭酸の撮影を終えたばかりでしたのでほんと、タイムリーでした (^^)

それにしても、炭酸って美容への活用はもちろんのことちょっとした料理にも使えて魅力たっぷりです!

無料電子書籍「毎日使える!米粉レシピ」をアップデート

1423002538電子書籍「毎日使える!米粉レシピ – ココロもカラダもヘルシーに!」をアップデートいたしました。
(2012-12-05更新済み Ver.1.3)

今回のアップデートでは・・・
『ホワイトクリスマスケーキ』(小麦、乳、卵除去)
『さつま芋のごま団子揚げ』
『タルト風ブルーベリーケーキ』
『林檎のケーキ』
『ごぼうチーズピザ』
『プチシューオードブル 2品』
『めかじきと和風野菜のグリルマリネ』
『米粉100%焼き餃子』
『茹でキョーザのとろみスープがけ』

を新しく米粉レシピに追加、そして「もっちり栗むしようかん」(旧:栗蒸しようかん)を改訂しました。計144品となりました。

米粉(グルテンなし)の餃子の皮
米粉(グルテンなし)の餃子の皮

いくつか特徴をお話しいたしますと、

グルテンなし『米粉100%の焼き餃子』は、皮を丁寧に伸ばして包むところも破れないように慎重に行えば、出来上がりはパリッともちもちでかなり美味しいですよ (^o^)  新食感餃子です!

 

繊維たっぷりモッチリピザ
繊維たっぷりモッチリピザ

冬野菜のごぼうをたくさん使った『ごぼうチーズピザ』は、繊維たっぷりモッチリピザです。

今回はグルテンなしの米粉ですが、グルテン入りミックス粉で作るともっと柔らかく膨らんでよりモッチリです。

 

ワインともあいます!
ワインともあいます!

『プチシューオードブル』では、シューの中にカスタードクリームではなくて、サーモン&アボガドやおからのポテトサラダを入れています。

シューといえば甘いお菓子を連想しますがおしゃれなオードブルにもなりますので、これからのクリスマスやお正月などでも是非作ってみて下さい (^^)

 

アレルギー対応米粉クリスマスケーキ
アレルギー対応米粉クリスマスケーキ

他のレシピもおすすめですのですでにお使いの方も再ダウンロードもしていただけますと幸いです。

これを機に米粉のいろいろな使い方を知っていただけましたら嬉しいです!
ダウンロードは、こちらからです ↓
http://www.foods.thinknext.co.jp/iBooksDL/

『米粉レシピ』電子書籍無料配信始めました

米粉レシピ」無料配信中
米粉レシピ」無料配信中

私が上新粉ではなくいわゆる『米粉』と出会ったのは今から14年程前になりますが、現在ほど『米粉』に関心が寄せられる状況ができるとは想像もしていませんでした。

私自身『米粉』を使うきっかけが娘の小麦アレルギーだったわけですから、このような広がりを持つものだとは当時は思いもよらなかったというのが本音です。
これも、ひとえにこれらに関わる関係者方々のご尽力の賜物ではないでしょうか。

その間に食はもちろんのこと何よりも社会全体を含めた環境や経済が変化し、我々国民もそれに伴いいろいろな意味で生活の変化がでてきたように思えます。

基本的には、誰でも同じ食べるならより美味しい物をというのがあると思いますが、さらにはできることならばより少しでも安く、そして手作りならより簡単に・・・というのも根底にありつつ世の中の流れと共に変化してきたと思います。

私自身もそうですが、この仕事に携わってきたことにより、また幸いな事に娘のアレルギーが治ったことで改めて『米粉』と向き合えるきっかけになったと思います。
そういった『米粉』の普及、啓蒙活動をしていく中で、今まで全くといっていいほど知られていない『米粉』というものがどれだけ入っていけるか、認知されるのか興味深く楽しみでもありました。

まだ現在進行形であり結果はまだまだだかな・・・と思っております。
私の小さい力では何もできませんが、これまでのことをこの辺で形にして何かできないかと・・・

1445143164そういう思いで今回『米粉レシピ』の電子書籍を8月22日から無料で配信を始めました。

これまでのレシピの見直ししたものと新たなレシピを加え、先ずは133品でスタートし、今後は3ヶ月毎のアップデートを予定しており、レシピなどの質問はサポートコミュニティページで承ります。

iPad専用のibooks版とPDF版を同時配信。
http://www.foods.thinknext.co.jp/iBooksDL/

雑誌「Mac Fan」Webサイトでも事例として紹介されています。
http://macfan.jp/ibooks/2012/08/23/6_4.html

ご興味ある方は是非よろしくお願いいたします (^_^)

トマトの力~メタボに朗報

先週の金曜日、脂肪肝や高中性脂肪血症などの脂質代謝異常の改善に有効な新規成分「13-oxo-9,11-octadecadienoic acid(13-oxo-ODA)」をトマトから見出し、肥満マウスを用いた実験で顕著な改善効果を得られたと、河田照雄京都大教授(食品機能学、58)らが発表した。
人間の食事に換算すると、生トマトなら1食に2~3個、成分が凝縮されるトマトジュースなら1食に200ミリリットルで効果が出る計算になるという。

これまでにもトマトに含まれる「カロテン」や「リコペン」といった抗酸化成分の健康機能性は知られていたが、今回はまったく新しい機能性成分が見出されたということで、メタボリック症候群を改善するのに有効な脂肪の燃焼成分がトマトにあるということです。

見た目はミートソースみたいですが・・・
見た目はミートソースみたいですが・・・

・・・ということで、その後あちこちマスコミなどでも取り上げられましたが、私も今週の月曜日にテレビ朝日『スーパー J チャンネル』でトマト料理を2品ご紹介させていただきました。

トマトをたくさん食べられるということになりますと、やはり加熱した方がいいと思うし・・・しかも普通っぽくない料理をということで『麻婆トマト』と『トマトチゲ』の2品にしました(いや~珍しくなかったですかね・・・(^^ゞ )

まだまだ寒い日が続く中、自分で言うのも何ですがこの2品はなかなかいけると思います!

『麻婆トマト』(2人分)は生のトマトを大2個を刻んで入れますが、豆板醤の辛味とトマトの酸味がなかなかいい感じです。
トマトがあまり得意ではないという方も、トマトっぽさを気にする事なく食べていただけると思います。

『トマトチゲ』もキムチの辛味との組み合わせですが、こちらは生のトマトではなくトマト水煮缶を使いましたが、生トマトを加えてもいいですし、結構ハマる味です。
少し前に流行った「トマト鍋」とはまた違った美味しさでお勧めです!

我が家もトマト大好き娘がいるので、トマトを欠かしたことはありません。
トマトって栄養価も高く煮込み料理に使うとたくさん食べられてさらに美味しい。

トマトには三大抗酸化ビタミン「ビタミンC」「ビタミンE」「β-カロテン」が含まれています。さらに「リコピン」にはβ-カロチンの2倍、ビタミンEの100倍の抗酸化作用があるとわれています。アイチエイジング効果にぜひ積極的に摂取して下さい!

現時点ではマウスの実験結果ですので、人での結果まだ実証されていないのであくまでもご参考までにということです。

それと、やはり体や健康に良いからといって特定のものばかりを摂取するのはおすすめできません。「野菜を中心としたいろんな食材をバランス良く!」が基本ですね (^^)

スタジオにて料理撮影

真剣なのだ! 後ろに並んでいる紙はレシピです。
真剣なのだ! 後ろに並んでいる紙はレシピです。

昨日は、スタジオMag白金台で終日撮影をしていました(^o^)丿

内容は料理9点+お菓子3点+料理の集合+ちょっとだけ私でした。ハハハ・・(^=^;)

自分の所での撮影が多い私にとって広いスタジオはとても新鮮です。
カメラマンの方とスタイリストの方のプロのお仕事を拝見することができたとても貴重な時間でした。
編集の方はじめ、スタジオマンと私のアシスタントを含めた6人で緊張かつ和やかな雰囲気の中終了いたしました。

これは緊張なのだ・・・
これは緊張なのだ・・・

これまで20年以上いろいろな場所のキッチンスタジオや調理スペースで撮影や料理教室など行ってきましたが、それぞれ調理器具など違いますので短時間で使いこなすには経験が必要だなあといつも感じます。

オーブンなんかは特にそうですね ^_^;

・・・とうことで、今回も時間の節約と万一の場合を考えて焼き菓子などは事前に焼いて行きましたが正解でした (^.^)

でも、時間内にそれをこなして撮影用に完成させるのがプロだと思いますし、私もまだまだ修行が必要だあ・・・ (;´д`)トホホ…

そういう意味では出張料理人って尊敬します!