下仁田町認定の下仁田葱


下仁田葱の会の箱です
下仁田葱の会の箱です

ねぎってこんなにおいしいものかと改めて気づきました。
もともとねぎは嫌いじゃないのですが、子供はどうも少し苦手なようなのです。実は私も子供の頃はそうでしたがへへへ・・・(^_^;

ところがです、連日のねぎ料理にも関わらず「おいしい!」と言って食べていました。
今回は料理の腕 というよりは完全にねぎのおかげですね ヽ(^。^)ノ
下仁田葱ですよ!下仁田葱!!
これが甘いのなんのって (‘∀`) 生のままだと普通の3倍の辛さがあるそうですが(確かに生のままで食べたら刺すように辛かったあ・・・)火を通すと甘くなるのですね。

これは群馬県下仁田ファーム・小金沢農園の“下仁田町認定 下仁田葱の会の下仁田葱”といいまして、送っていただきました。箱入りです。下仁田生まれ、下仁田育ちの箱入り娘です(*^_^*)

採れたてだあ・・・
採れたてだあ・・・

何でも下仁田葱は下仁田以外で作っても同じおいしさは出せないそうで、下仁田葱と呼べるのは下仁田産のものだけだそうです。
届いてすぐに箱を開け、肉厚で泥のついたままの葱を見た瞬間「オオ~ヽ(*’0’*)ツ」
何とも言えぬ感動が・・・・・(〃▽〃)

 

葱たっぷりすき焼き風!?
葱たっぷりすき焼き風!?

「さて、何を作ろう・・・」とあれこれ考えた結果、まずは《すき焼き》(正式にはすき焼鍋は出さず、しかも豆腐や春菊などは入れなかったのですき焼き風ですかね (^_^; ) にしました。さらに《カレー》《豚ロース肉と葱の炒めもの》にこの下仁田葱を入れてみました。
どれもかなり美味しかったです!葱って万能選手なんですね。
煮ると短時間で柔らかくなり、特有の風味と甘味がでるのです。
箱を開けてあまりにも立派な葱を見た時、食べ切れるだろうか・・・とちょっと不安になりましたが、これなら食べ切れると思いました (*⌒O⌒*)

 

カレー!玉ねぎみたいな甘さです
カレー!玉ねぎみたいな甘さです

 

超簡単です。
超簡単です。

こちらは、まず豚ロースを炒めてから葱ともやしを加えてさらに炒め、今回は焼き肉のタレがあったのでこれで簡単に仕上げました。
でもこれがかなり美味しいのです。これってやはり普通の葱では味わえないかも・・・たぶん・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください